スレッド一覧

  1. 送料無料[2011人気新品入荷!!!](2)
  2. ブランド N級 スーパーコピー販売(0)
  3. ★★超人気質屋www.lvok.net★★(0)
  4. ブランドコピー品(0)
  5. 非常に魅力的なルイヴィトンコピー(0)
  6. N-JPBRAND.COMブランドコピー専門店(0)
  7. 【www.shoppingline-jp.com】激安販売店です!(0)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:279/658 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ファンも学べ

 投稿者:みれーぬ  投稿日:2008年 7月14日(月)06時32分48秒
  通報 編集済
  moriyさん、おはようございます

 速攻の大阪千秋楽レポート、ありがとうございます!(管理人の面目躍如、1番乗り(笑)ですね)

 なるほど、Riverdanceでは観客の側も、アンコールの拍手で呼び出しちゃイケナイんですね。

 「東京公演最終日にはカーテンコールに出てきてくれた」という情報の表面だけを信用して、その裏にある事情までは、moriyさんのレポートを読ませたいただくまで知る術もありませんでした。本当に、ありがとうございました。


7/14追記

 RD公演においては、「終演後のカーテンコール(アンコール)に応えて、再び舞台に登場することを禁止する」という決まりになっている。

 しかし、東京公演最終日には、その決まりに違反して、カーテンコールに応えて幕が再び開けられ、プリンシパルが再登場してしまった。

 この事態を受け、禁止事項を遵守するよう、改めて通達された。

 大阪公演最終日に来た観客の多くは、この経緯を知らない。それ故、「東京公演最終日には、プリンシパルがカーテンコールに応えて出て来てくれた」という情報のみを信用して、プリンシパルが再び出て来てくれることを期待して、終演後のカーテンコールの拍手を送り続けた。

 会場運営スタッフは、先の通達がされたことを知っており、終演のアナウンスを繰り返したうえ、客席にも赴いて「もう出て来ませんから」と観客に伝えた。

 それでも観客は帰ろうとせず、カーテンコールが収まらないため、やむを得ず、再び禁止事項に反してプリンシパルが幕袖に現れることで観客を納得させ、観客を安全に退場させることが出来ない事態の収拾を図った。

 理由は如何にせよ、当初の東京公演での禁止行為の違反が発端となって、再び大阪で違反行為を繰り返さざるを得なかったことついて、プリンシパルに対してより厳しい注意がなされた。

...だとしたら、それでもあなたはカーテンコールしますか? 禁止行為(もちろんこれは、出演契約に含まれているはず)に違反すれば、何らかのペナルティが課せられる畏れもあると思います。

 ここAirに寄せられ、蓄積されていく情報は、とても貴重なもので、RDファンにとっての宝だと思います。それらの情報の「美味しいところ」だけを鵜呑みにせず、「守らなければならないルール(マナー)」のビターな部分も、しっかり学び取っていきたいと(我が身を省みて)思うのです。
 
》記事一覧表示

新着順:279/658 《前のページ | 次のページ》
/658